【レビュー】Mac・Windows用ソフト「データリカバリー」で間違って削除してしまったファイルを復元(PR)

MacやPCを使っている時、うっかり必要なファイルをゴミ箱に入れて、そのままゴミ箱の中身を消してしまったという経験が一度や二度はないだろうか。

または、SDカードやUSBメモリが読み込めなくなってしまい、泣く泣くフォーマットをする羽目になり、内部のデータが全消失…といった経験をしたことがある人もいるかもしれない。

それらの現象に出くわしてしまったとき、もしかするとWondershareのMac・Windows用ソフト「データリカバリー」を使えば、消失してしまったファイルを復元できるかもしれない。

この「データリカバリー」は、削除されてしまったあらゆるデータを安全に復元することができる便利なソフトだ。今回、同ソフトの開発元のWondershareからMac用ソフトのサンプルを提供していただけたので、その使い心地や精度についてレビューしていきたいと思う。

何らかの理由で削除されてしまったファイルを復元してくれる便利ソフト

今回ご紹介するWondershareのMac・Windows用ソフト「データリカバリー」は、削除されてしまったデータを復元することができるソフトだ。

復元できるデータはドキュメントや写真、動画などのありとあらゆるファイル類で、Mac・PCの内部ストレージの復元はもちろん、HDDやSDカード、USBメモリなど多数のデバイスから復元も行うことが可能だ。

復元可能なデータの種類は以下のとおり。

復元可能なデータの種類
ドキュメント DOC/DOCX, XLS/XLSX, PPT/PPTX, PDF, CWK, HTML/HTM, INDD, EPSなど
画像/写真 JPG, TIFF/TIF, PNG, BMP, GIF, PSD, CRW, CR2, NEF, ORF, RAF, SR2, MRW, DCR , WMF, DNG, ERF, RAWなど
動画/ビデオ AVI, MOV, MP4, M4V, 3GP, 3G2, WMV, ASF, FLV, SWF, MPG, RM/RMVBなど
音楽/オーディオ AIF/AIFF, M4A, MP3, WAV, WMA, MID/MIDI, OGG, AACなど
Eメール PST, DBX, EMLXなど
その他のデータ ZIP, RAR, SITなど

MacやPCで大事なファイルを失う機会は意外に多い。例えば、冒頭でも述べたように自分の不注意から削除してしまったファイルや、フォーマットで失ってしまったファイルもあれば、ウイルスの感染で削除されてしまったファイルや、OS再インストールによって消失してしまったファイルもあるかもしれない。

これらのファイルは基本的には一度削除されてしまうとどうすることもできないが、今回ご紹介する「データリカバリー」を使うと復元できる可能性がある。

使い方は非常に簡単で、削除してしまったファイルの種類と保存場所を選択し、「スキャン開始」をクリックするだけ。これだけで「クイックスキャン」という簡易的なスキャンが行われ、この時点で復元できそうなファイルを表示してくれる。

もし「クイックスキャン」ではデータを復元できなかった場合、さらに高度な「ディープスキャン」と呼ばれるスキャンを行うことができる。「ディープスキャン」は少しだけ時間がかかるので、お茶でも用意してじっくり作業が完了するのを待つようにしよう。

スキャンが終わると、復元可能なファイルがカテゴリ別に表示されるので、プレビュー機能を使ってファイルを詳しく確認し、復元したいファイルにチェックを入れて「復元」をクリックするだけだ。

「データリカバリー」を使って試しに色々なファイルを復元してみたところ、削除して間もないファイルはほとんどが問題なく復元することができ、高度なフォーマットで削除したファイルも一部は復元できたりとそこそこの性能だった。

ただし、100%ファイルを復元できるというわけではなく、削除してから時間が経ってしまった一部のファイルなどは残念ながら復元することができなかった。

この手のソフトは万能というわけではなく、復元できるものもあればできないものもあるのは仕方のないことなのだが、それでも何もやらないで諦めてしまうよりはマシ。

同ソフトには無料の体験版もあるので、やってしまったと嘆いている時間があれば、すぐに無料版を起動して復元を実行してみよう。もしかするとまだファイルを復元することができるかも。

ちなみに、体験版で効果を実感できた場合は、ぜひ今後のことを考えて製品版の購入も検討していただければと思う。

製品版はMac用とWindows用の2種類があり、1年おきに料金を支払う必要のある「年間更新ライセンス」と、一度購入すればあとは永続的にソフトを利用できる「永久ライセンス」がある。複数のMac・PCで使用したい場合は複数台用のライセンスもあるので、料金ページをじっくり確認してどのライセンスを購入するか決定するようにしよう。

製品版の購入・体験版のインストールは「データリカバリー」公式サイトからどうぞ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。