「iPhone 8」の新たな部品の画像が公開 やはりホームボタン廃止やベゼルレスデザインの採用が濃厚か

今秋、「iPhone 7」シリーズのアップグレードモデルに当たる「iPhone 7s / 7s Plus」と同時に登場すると噂のハイエンドモデル「iPhone 8」。

これまでのリーク情報では、ホームボタンが廃止され、今年発売したSamsungの「Galaxy S8」シリーズのようなベゼルレスデザインが採用されるものとみられているが、それを示唆する新たな部品の画像が公開されている。

「iPhone 8」の「スクリーンブラケットフレーム」と呼ばれるパーツが公開

今回新たな部品の画像を公開したのは、数々のリーク情報を提供してきているBenjamin Geskin氏(@VenyaGeskin1)。公開された画像はこちらだ。

Geskin氏によると、この画像はFoxconn内で撮影されたもので、「iPhone 8」のディスプレイ側に取り付けられる「スクリーンブラケットフレーム」と呼ばれる部品であるとのこと。

「iPhone 8」の画像だけでは少し分かりにくいとは思うので、ここでGeskin氏が同時に公開している「iPhone 7」の部品と比較してみよう。

右側の「iPhone 7」の部品は下部にホームボタン用の”欠け”が見られるが、左側の「iPhone 8」にはそれが存在しない。また、部品の上下の形状を見る限り、「iPhone 8」はベゼルがかなり狭くなっているようだ。

この部品が本物かどうかは現時点では不明だが、もし本物だとすると、やはりこれまでの情報通り「iPhone 8」はホームボタンが廃止され、ベゼルレスデザインが採用される可能性が高いと言えるだろう。

その他の「iPhone 8」の情報に関しては以下の記事を参考にしてほしい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。