「iPhone 8」に「Touch ID」は搭載しない?端末カラーは従来モデルよりも少なくなる可能性【UPDATE】

今秋に発売が予定されている次期iPhoneのうち、ハイエンドモデルの「iPhone 8」はホームボタンが廃止され、ディスプレイに「Touch ID」が内蔵されると噂されてきたが、本日これまでの噂と相反する情報が新たに登場している。

Apple関連のリークに定評のあるKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏は、次期iPhoneに関する最新のレポートを公開。その内容によると、これまでの情報通り「iPhone 8」にはホームボタンは搭載されないものの、「Touch ID」のディスプレイへの内蔵は行われない可能性があるとのこと。

「iPhone 8」には「Touch ID」が画面に内蔵されず?指紋認証機能そのものが排除される可能性も

今回、Kuo氏が公開したレポートの内容は、ほとんどが最近の噂を踏襲したもの。「iPhone 8」のディスプレイサイズは5.8インチで、ホームボタンが廃止される代わりに「ファンクションエリア」と呼ばれる約0.6インチの操作領域が用意され、メインのホーム画面は約5.2インチになる予定。

さらに、高い顔認識と立体的なセルフィー写真撮影ができる3Dセンシングがサポート。ここまでは概ね予想通り。

レポートでは「iPhone 8」は現時点で利用可能なスマートフォンの中でもスクリーン対ボディ比が最も高いフルスクリーンデザイン(ノッチディスプレイデザインとKuo氏は呼んでいる)を採用するということも述べられている。

ただし、レポートには最近の噂と異なる内容も記されている。それは「Touch ID」が画面に内蔵されないということで、しかも画面内に配置されないだけでなく、指紋認証機能そのものが「iPhone 8」から排除される可能性が出てきている。

ここ最近の情報で、Appleは当初難関とされた「Touch ID」の画面内蔵をクリアし、「iPhone 8」の画面で指紋を認証できる次世代「Touch ID」を搭載する方針であることが漏れ伝わってきていたのだが、実現はやはり難しいのだろうか。

先日、中国上海で開催されたMWCで、Qualcommがディスプレイ型指紋認証技術を使用したデモ機を公開していたが、同製品のリリースまでの正確なタイムテーブルはまだ決まっていないという。そのため、現時点では同技術を使用した端末を大量生産するには不確実性があると、Kuo氏は語る。

AppleはQualcommの技術を使用することなく、自社技術を使用した画面内蔵型「Touch ID」を目指しているとのことだが、それは今年ではなく来年以降の端末になるのかもしれない。

Kuo氏は今回のレポートで、「Touch ID」がどこに搭載されるかどうかは直接的に触れていない。そのため背面に「Touch ID」が搭載される(もしくは電源ボタンに内蔵)可能性も残されているわけだが、Appleが端末背面に指紋認証機能を搭載することを良しとしない場合、そもそも「Touch ID」自体が「iPhone」に搭載されない可能性もある。

画面ロックの解除だけなら顔認識だけでも問題ないかもしれないが、今や「Apple Pay」などの決済機能にまで使用されていることを考えると指紋認証機能を搭載しないという選択肢はあり得るのだろうか。

[Update]
これについて、Ming-Chi Kuo氏は「iPhone 8」には「Touch ID」は搭載されないと予想していることが判明。
Kuo氏がそう指摘する理由は(1)フルスクリーン設計では既存の容量性指紋認識が使えないため、(2)ディスプレイ内蔵の指紋認証技術にはまだ課題が残されているため。
指紋認証機能の搭載が行われないことから、「iPhone 8」の量産に遅れは生じない可能性が高いとのこと。

ちなみに、Kuo氏は「iPhone 8」の充電コネクタについても少しだけ触れている。「iPhone 8」に搭載されるコネクタについては引き続きLightningポートになる予定とのことだが、より高速な充電に対応するために「USB-C PD」に対応するためのチップが搭載されることになるという。

これについては先日も、BarclaysのアナリストBlayne Curtis氏が投資家向けレポートで触れていたこと。おそらく、「iPad Pro」と同様に高出力な充電アダプタと接続することで、従来よりも早く充電できることが予想される。

次に「iPhone 8」の端末カラーについて。「iPhone 8」はいわゆるiPhone生誕10周年記念モデルとして販売される予定だが、そのブランドイメージを高いものにするために端末カラーは従来モデルよりも少ないラインナップになることが予想されるという。

具体的にどのカラーが採用されるかは明らかにされていないが、ジェットブラックやジェットホワイトなどの高級感のあるものに限定されるのではないかと、個人的には予想している。

そして、「iPhone 8」はより高いステレオサウンドを実現するようになるとのこと。昨年発売した「iPhone 7」シリーズで、iPhoneは初めてステレオサウンドを採用。レシーバーとスピーカーの両方から音を出すことによって、よりクリアで迫力のある音を出せるようになったが、「iPhone 8」ではこれらを調整し、さらに高いステレオ効果を作り出せるという。

Kuo氏の予想では、「iPhone 8」の発表は今年9月で他の「iPhone 7s / 7s Plus」と同時に発表されるが、「iPhone 8」に関しては生産の遅れから発売が遅れることが予想されるという。2018年には供給が安定してくるとのことなので、「iPhone 8」を年内にゲットするには少しばかり大変になるかもしれない。

Kuo氏のレポートでは、従来モデルのアップグレードモデル「iPhone 7s / 7s Plus」に関しても少し触れられている。搭載されるRAM容量は「iPhone 7s Plus」は「iPhone 7 Plus」と同様に3GB、「iPhone 7s」に関しては2GBになるとのこと。

ちなみに同じくデュアルレンズカメラを搭載する「iPhone 8」についても3GBのRAMを搭載するとのこと。これは、デュアルレンズカメラの画像処理要求を満たすためとみられ、このことから、4.7インチモデルの「iPhone 7」には引き続きデュアルレンズカメラが搭載されないことがわかる。

また、「iPhone 7s / 7s Plus」のおもて面は「iPhone 7」シリーズとほぼ同じデザインになるが、背面はガラス製になり、フレームはアルミ製になるようだ。ストレージ容量に関しては、「iPhone 8」を含めた3つのモデル全てで64GBと256GBのオプションが用意されるとのことだ。

次期iPhoneのその他の情報に関しては以下の記事を参考にしていただければと思う。

▶︎ 「iPhone X」「iPhone 8 / 8 Plus」の予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ via 9to5Mac / StreetInsider ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう