Samsung、「Galaxy S8」シリーズに小型モデル「Galaxy S8 Mini」を投入か 画面サイズは5.3インチ、Snapdragon 821が搭載?

今年3月、Samsungは米ニューヨークで開催されたイベントでフラッグシップモデル「Galaxy S8 / S8+」を正式に発表

両端末は物理ホームボタンが廃止され、ベゼルが極限まで狭くなった美しい本体デザインが特徴の端末だが、同シリーズに新たに5.3インチで安価な「Mini」モデルが加わることになるかもしれない。

中国メディアのITHomeによると、Samsungは「Galaxy S8」シリーズに新たに5.3インチの「Galaxy S8 Mini」を追加する予定であると伝えている。

「Galaxy S8」シリーズにミニフラッグシップモデル「Galaxy S8 Mini」が登場

今回ITHomeが伝えている「Galaxy S8 Mini」は、「Galaxy S8」シリーズの”ミニフラッグシップモデル”に当たる端末だ

ディスプレイサイズは5.8インチの「Galaxy S8」よりも小さい5.3インチ。端末の大きさは「iPhone 7」と同じ4.7インチほどのサイズ感になるとのことだが、ベゼルレスデザインが採用されている関係でディスプレイサイズは「iPhone 7」より大きくなるイメージだ。

また、「Galaxy S8 Mini」のRAMは4GBでストレージ容量は32GB、CPUには「Snapdragon 821」が搭載されるという。もちろん「Galaxy S8」シリーズの大きな特徴である虹彩認証機能も使えるとのことなので、「Mini」でありながらもかなりのハイスペックになることが伺える。

今回の報道が事実であれば、「Galaxy S8 Mini」は、Galaxyシリーズで「Galaxy S5 Mini」以来の「Mini」モデルとなる。

サイズやスペックの関係で価格も安くなることが予想されるので、もし端末の大きさや価格で購入を見送っていた場合は「Galaxy S8 Mini」の登場を楽しみにしていても良いかもしれない。

[ via BGR ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。