日本通信、ソフトバンクのSIMロックがかかったiPadで使える格安SIM「b-mobile S プリペイド」を7月7日から発売

本日、日本通信はソフトバンクのSIMロックがかかったiPad(Wi-Fi + Cellularモデル)向けに、プリペイドタイプの格安SIM「b-mobile S プリペイド」を発売することを発表した。発売は明日7月7日(金)から。

「b-mobile S プリペイド」は、ソフトバンクのネットワークに対応したiPad専用の格安SIMで、わざわざSIMロックを解除せずとも使うことができる。データ容量は1GBと7GBの2種類があり、価格はそれぞれ1GBが980円(有効期限:15日間)、7GBが2,980円(有効期限:25日間)となっている。

これまで、ドコモのSIMロックがかかったiPadは格安SIMでの運用が可能だったが、「b-mobile S プリペイド」が登場したことで、ソフトバンクのSIMロックがかかっているiPadでも格安SIMでの運用が可能に。

2015年5月以降に発売したiPadに関してはSIMロックを解除することが可能になったのだが、今回の「b-mobile S プリペイド」ではそれ以前に発売した端末でも便利に使えるはず。もしソフトバンクから購入したiPadを使っている人は、「b-mobile S プリペイド」での運用を検討してみてはどうだろうか。

「b-mobile S プリペイド」について詳細を確認したい場合はニュースリリースへどうぞ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。