「Amazonフレッシュ」の配送対象エリアが拡大 神奈川県横浜市11区および川崎市2区が新たに対象地域に

今年4月に日本上陸を果たし、先月15日には配送地域の拡大を行なったAmazonの生鮮食品即日配送サービス「Amazon フレッシュ」だが、本日さらなるサービス地域拡大を発表している。

Amazonの発表によると、神奈川県横浜市11区および川崎市2区も対象地域に加わり、さらに広い地域で同サービスを利用できるようになったとのこと。

  これまでの配送対象エリア 7月6日(木)より新たに配送対象となった地域
 東京都 港区、千代田区、中央区、江東区、墨田区、江戸川区、新宿区、文京区、台東区、荒川区、足立区、葛飾区、渋谷区、目黒区、世田谷区、杉並区、品川区、大田区、調布市、狛江市 (一部エリアを除く)   −
千葉県   市川市、浦安市 (一部エリアを除く)  −
 神奈川県 川崎市中原区、多摩区、宮前区、高津区 (一部エリアを除く) 横浜市旭区、磯子区、港北区、神奈川区、西区、中区、鶴見区、都筑区、南区、保土ヶ谷区、緑区 および 川崎市幸区、川崎区 (一部エリアを除く) 

配送を希望する住所が対象地域に含まれるかどうかは、 「Amazonフレッシュ」のWebサイトにおいて郵便番号を入力することで確認することができる。配送対象地域は今度も拡大予定としている。

Amazonフレッシュ」は、合計17万点以上の豊富な商品を注文から最短で4時間で配達する即日配送サービス。野菜や果物、鮮魚、乳製品といった生鮮食品は1万7,000点以上、キッチン用品、ベビー用品、ペット用品などの日用品・雑貨は16万点以上の在庫を持つ大きなサービスだ。

Amazonプライム会員限定のサービスとなっており、年会費もしくは月会費の他に、月額500円の支払いが必要だが、4時間で商品を受け取れるサービスは時間に余裕がない場合や外出できないときなどに便利。初回2,000円オフキャンペーンも実施されているので、興味があったら試しに使ってみてはどうだろうか。

Amazon フレッシュ公式サイトはこちらからどうぞ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。