PS2ゲーム「電車でGO!FINAL」とマスコン型コントローラが一体になったゲーム機「電車でGO!PLUG&PLAY」が発表 予約受付は7月10日18時から

鉄道・電車好きにはたまらないタイトーの大人気運転シミュレーションゲーム「電車でGO!」が高画質になって帰ってくる。

本日、タイトーはPS2ゲーム「電車でGO!FINAL」とマスコン型コントローラが一体になったゲーム機「電車でGO!PLUG&PLAY」を発表。予約受付が7月10日(月)18時から開始されることが明らかになった。

PS2ゲーム「電車でGO!FINAL」とマスコン型コントローラが一体になったゲーム機が登場

「電車でGO!PLUG&PLAY」は、2004年にPS2向けに発売された「電車でGO!FINAL」を高解像度・ワイド化(アスペクト比16:9)し、シリーズお馴染みのマスコン型コントローラに内蔵したゲーム機だ。

ゲームとコントローラが一体になっているので、本体をHDMIケーブルで家のテレビに繋ぐだけで手軽にゲームを楽しむことができるのが特徴。また、ゲーム内に登場する路線は発売当時のものがそのまま収録されているので、懐かしの路線を高画質でプレイすることができる。

「電車でGO!PLUG&PLAY」は2017年7月10日(月)18時からAmazonエビデンで予約が開始される予定で、発売は2018年2月8日(木)。価格は14,800円(税別)だ。

ちなみに、予約受付が開始される7月10日は、Amazonで「Prime Day 2017」の開催が予告されており、この期間に合わせて「電車でGO!PLUG&PLAY」のロゴをイメージした限定カラーモデルの予約受付も行われる

こちらの限定モデルは「Prime Day 2017」が開催される30時間でしか予約ができない貴重な商品になるので、欲しい人は忘れずに予約しておくようにしよう。

 エビデンでの予約はこちらから

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。