KDDI、スマホ料金を2割程度値下げへ 他社への対抗、格安スマホへの流出を阻止するため

KDDIでスマホを利用している人にビッグニュースが舞い込んできた。

日本経済新聞によると、KDDIは今夏中にスマホ主要プランの月額料金を1,500円程度値下げする方針を固めたことが明らかになった。

値下げ幅はそれぞれのプランによって異なるようだが、いずれもおよそ2割程度の値下げになるとみられており、過去最大規模の値下げとなる予定。

KDDIがこの大幅な値下げに踏み切った理由としては、格安スマホの台頭が背景にあると日本経済新聞は伝えている。というのも、格安スマホの顧客は年々増加しており、すでに普及率が1割程度に到達。KDDIからも多くの顧客が流出している状態だ。

この格安スマホはKDDIを始め、ドコモやソフトバンクなどの大手から回線を借りて運用を行っているが、ほとんどがドコモ回線を利用しているため、KDDIは格安スマホの恩恵が乏しい。この弱みを料金の大幅な値下げでカバーし、顧客の流出を防ぐ狙いとみられている。

ちなみにKDDIは、公式サイトで7月10日にビッグニュースを発表することを予告している。7月10日は「au発表会 2017 Summer 第2弾」が開催される予定となっているが、このイベントで値下げに関する何らかの発表が行われるものと予想される。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。