Apple、「Apple Watch (第1世代)」のバックカバーが外れる不具合の無料修理期間を3年間に延長

[ img via Reddit ]

「Apple Watch (第1世代)」を現在使っていて、今後も使用し続ける予定がある人はぜひ覚えておきましょう。Appleは「Apple Watch (第1世代)」のバックカバーが外れてしまう不具合の無料修理期間を3年間に延長したことが判明した。MacRumorsが伝えている。

「Apple Watch (第1世代)」のバックカバーが外れてしまう不具合は以前から認知されており、Appleは購入から2年間の無料修理期間を設けていたが、Appleはこれを3年間に延長。

対象は「Apple Watch (第1世代)」の全てのモデルとなっているので、「Apple Watch Sport」「Apple Watch」「Apple Watch Hermès」「Apple Watch Edition」の全てのモデルで修理が1年間延長された形だ。

修理を行うにあたって、バックカバーが外れていることを目視で確認できればすぐに対応してもらえるとのことなので、不具合に困っている人はお近くのGenius Barや正規店に持ち込むようにしよう。

ちなみに、「Apple Watch (第1世代)」に関しては、今年4月に内部バッテリーが膨張してしまう不具合の保証期間が1年間から3年間に延長されている。こちらに関しても自身の「Apple Watch」に違和感を感じている場合は、Appleに相談していただければと思う。

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 2
 ・Apple Watch Nike+ / Apple Watch Hermès
 ・Apple Watch Edition
 ・Apple Watch Series 1
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・充電器やスピーカーなど
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。