Google、「Backup and Sync」アプリを正式リリース Mac/PCの任意ファイルを自動で同期できるように

7日14日、Googleは「Google ドライブ」に代わる新しいサービス「Backup and Sync」を発表同月28日にリリースされる予定と告知されていた同アプリだが、少し遅れて本日から同サービスが利用できるようになった。

「Backup and Sync」は、今まで提供されてきたクラウドストレージサービス「Googleドライブ」の後継とも言える存在で。文章や動画、写真などの各データを保存しておける「Google Drive」と「Google Photo」を一体化して使うことができる便利ツールだ。

従来の「Googleドライブ」では、同期するファイルを全て「Googleドライブ」のフォルダ内に入れて共有する必要があったが、「Backup and Sync」はMacやPC内にある任意のフォルダを同期・共有することが可能に。

また、「Google フォト バックアップ」の機能も「Backup and Sync」に統合されることになっている。

「Backup and Sync」アプリは、WindowsとMacで利用可能。Googleの公式サイトから直接ダウンロードすることが可能で、価格は無料。

ちなみに、「Backup and Sync」は一般ユーザー向けのサービスとなっており、「G Suite」向けには新たに「Drive File Stream」というサービスが提供される予定。

ただ、そのリリース時期は年末になるとのことなので、それまでは従来の「Google ドライブ」を使用する必要がある。

[ via TechCrunch ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。