次期iPhoneの大量生産は未だに開始されていない可能性 「iPhone 8」は11月〜12月に少量出荷で発売?

今秋に発売が予定されている新型iPhoneについて、様々な噂が飛び交っている。

特にプレミアムモデルとされる「iPhone 8」については、ワイヤレス充電機能有機ELディスプレイの採用「Touch ID」の有無についてはもちろん、価格が10万円を超えるといった情報もある。これら全てが正しい情報とは限らないが、すでに多くの著名リーカーやアナリスト予想から同様の情報がもたらされていることもあり、デザインや仕様についてはほぼ確定的と考えていい。

ただ、未だに情報が少ないのが発売時期について。一時は、画面に「Touch ID」を内蔵する難しさから製造が難航、発売が遅れるといった情報が相次いだ時期もあったが、最近の情報では多くのアナリストが9月~10月に発売するという情報を提示してきた。だが、「iPhone 8」については再び発売が遅れる可能性が浮上してきている。

DigiTimesによると、Appleは次期iPhoneの量産を未だに開始しておらず、プレミアムモデルと目される「iPhone 8」に関しては今年11月にリリースされることになる可能性があるとEconomic Daily Newsが報じていることが判明した。

「iPhone 8」はまだ量産段階に入っていない?発売はやはり遅れる模様

同メディアによると、有機ELディスプレイと極狭ベゼルを採用する「iPhone 8」の歩留まり率はまだ改善できておらず、2つの主要ODM(Foxconn ElectronicsとPegatron)の量産体制は十分なレベルに達していない状況だという。

「iPhone 8」の量産については、先日の段階ですでに量産が開始されていると伝えられていたが、今回の情報からやはりAppleは「iPhone 8」の生産に悪戦苦闘しているのかもしれない。

Economic Daily Newsはレポートで、発売当初は少量出荷になることを指摘しているが、もしかするとそれが現実になる可能性はあるのかもしれない。

さらにレポートによると、「iPhone 7」シリーズのアップグレードモデル「iPhone 7s/ 7s Plus」に関しても生産が例年よりも1ヶ月以上遅い8月から開始される予定であるようだ。これらのモデルの生産に関しては、4.7インチの「iPhone 7s」についてはPagatronが生産、そして5.5インチ「iPhone 7s Plus」に関してはWistronが引き受けることになると報告している。

▶︎ 「iPhone X」「iPhone 8 / 8 Plus」の予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう