ポケモンGO、レイドバトルやジム関連の仕様変更を含むアップデート(iOS版1.39.0/Android版0.69.0)の配信を開始

先日、「ポケモンGO」開発元のNianticは、他のユーザーと協力して強敵に立ち向かう「レイドバトル」などの追加を含む大規模アップデートを配信したが、このうちの一部仕様にさらに変更が加わるようだ。

本日、Nianticは「ポケモンGO」の最新アップデート(iOS版1.39.0 / Android版0.69.0)の配信を開始したことを発表。アップデート内容は以下の通りだ。

  • ポケモンの情報画面に、どのモンスターボールで捕まえたかをアイコンで表示
  • レイドバトル勝利後でも、ジムのフォトディスクを回転できるよう仕様を変更 -トレーナーがジムに設置した自分のポケモンに、ポケモンの情報画面から遠隔で「きのみ」をあげられるように仕様を変更しました。遠隔で「きのみ」をあげると回復量は少なくなります。
  • ジムに設置されているポケモンが「やる気マンマン」の状態でも、「きのみ」をあげられるように仕様を変更
  • 自分の捕まえたポケモンの検索機能を改善 -トレーナーがレイドバトルを完了できない問題を修正
  • ポケモンがジムから戻る際に発生していたバグを修正
  • 一部のバグを修正

今回のアップデートでは、「レイドバトル」やジムに関連する一部の仕様が変更に。また、レイドバトルを完了できない不具合の修正も行われているとのことなので、不具合に困っていた人は早めにアップデートしておくようにしよう。

ちなみに「ポケモンGO」のアップデートは配信がアナウンスされてから実際に配信されるまで時間がかかることがある。配信が行われたら、App StoreもしくはGoogle Playからアップデートを行うようにしよう。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう