Apple、「Clips」アプリをアップデート ディズニーやトイストーリーのキャラクターが使用可能に

本日、Appleは動画作成アプリ「Clips」のアップデートを実施。バージョンは1.1になり複数の新機能が追加されている。

今回の目玉機能は、ディズニーやトイストーリーといった有名キャラクターを使用して動画を作成することができるようになったということ。ミッキーやミニー、ウッディーやバズ・ライトイヤーなどを動画に登場させることでユニークな動画を作ることが可能に。

そのほかにも、以下の新機能や変更点が追加されている。「Clips」アプリを使用している方はぜひアップデートしておこう。

  • ミッキーやミニー、その他Disneyのグラフィックスアニメーションでビデオをカスタマイズできます
  • “トイ・ストーリー”や“インサイド・ヘッド”のキャラクターを含むPixarグラフィックスをビデオに追加できます
  • カスタマイズ可能な数十もの新しいテキストバナー、オーバーレイ、およびポスターから好みの項目を選ぶことができます
  • ライブタイトル編集ボタンを使って、ライブタイトルのテキストをよりすばやく簡単に編集できます
  • ビデオの作成中にメイン画面の中に共有ボタンが表示されます
  • ポスターや既存の写真を追加したときに音声が検出されないと、オーディオが自動的に消音になります
  • 後続のクリップに同じアニメーションオーバーレイを追加した場合、最初のクリップでのみアニメーションされます
  • 安定性と信頼性が向上しました
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。