【まとめ】「Apple Watch Series 3」について現段階で分かっていることまとめ 発表は今年9月、充電速度が従来よりも早く?

新型iPhoneの話ばかりが先行しており、ほとんど情報が入ってこない次期Apple Watch。おそらく新型iPhoneと同時に新型モデルが登場することが予想されるが、果たしてどうなるのか。

Apple Watchの次期モデル「Apple Watch Series 3」について、現段階で分かっていることや同モデルの発売や発表の時期など、米CNETがまとめているので当ブログの見解と合わせて紹介しようと思う。

「Apple Watch Series 3」は新型iPhoneと同日に発表?

「Apple Watch Series 3」に関しては、昨年秋から今年にかけていくらかのリーク情報が存在した。例えば、スタンドアロンのLTE接続をサポートするためにSIMカードを挿入できるようになることやバッテリー性能や耐水性の向上、microLEDディスプレイへのシフト、そして血中糖度を測るための光センサーの搭載など。

これらの噂すべてが実現するわけではないと思われるものの、「Apple Watch Series 3」は従来モデルのアップグレードモデルに留まる可能性が高く、新型iPhoneと同時に発表されることが濃厚だ。

これに関してはCNETも同じ見解で、これまでの噂から9月に登場する可能性が高いとしている。しかし、新型モデルが登場する時期については、今はまだ確信が持てていないようだ。

他にも多数の新機能や変更点があることが過去のリーク情報から明らかになっている。現段階で噂されている「Apple Watch Series 3」の特徴は以下のとおり。

この中で注目は、やはり血中糖度の計測ができる光センサーの搭載と睡眠の質を計測できるトラッカーの導入。このうち、糖度センサーについては先日、CEOティム・クック氏が自ら光センサーのテストをしていることが明らかになったばかり。

これがApple Watchに搭載されるかどうかについては不明だが、そのほかのデバイスに光センサーが搭載されるというのもあまり想像できないため、現時点で光センサーの搭載は最も有力なものだ。

また、そのほかにもmicroLEDディスプレイの搭載に関しては、現行の有機ELディスプレイよりも軽量化や省電力化が図れるほか、より明るい画面になることがメリットとして挙げられる。

しかし、そのプロトタイプは2017年末に登場することが報道されていることから、2017年モデルの「Apple Watch」に搭載できるのかは正直疑問。また、セルラー通信の実現に関してもバッテリー持ちの観点から、結局は今まで通りiPhoneとの併用になる可能性が高そう。

また、CNETは現行機種でも使われている無線充電について、次期モデルでは改良されることを予想している。より高速な充電が可能になる可能性があるようだが、これも実現するかどうかは不明となっている。

今年9月にも登場することが予想されている新型Apple Watchだが、今年は「iPhone 8」の存在のおかげで、新型iPhoneの発売時期どころか発表される時期まで分からない状況。

さらに新型「Apple Watch」が、新型iPhoneと同日に発表されるのかすら不明。ただし、iPhoneの発表時期が決まらないことにはApple Watchの発表もないと考えるのが現段階では有力だろう。

ちなみに、「Apple Watch Series 3」の動作OSはおそらく次期watchOSの「watchOS 4」になるだろう。

同OSに関しては、すでに「WWDC 2017」で明らかにされている通り、トイストーリーのキャラクターがウォッチフェイスに登場する予定。そのほかにも、Siriの文字盤やワークアウトの強化など様々な新機能・変更点が搭載されることが発表されている。

リリース時期は2017年秋とアナウンスされており、秋に開催されるスペシャルイベント内で正式リリース時期が発表されることが予想されている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。