Adobe、Flashのサポートを2020年に終了することを発表

adobe-flash

Adobe Flash Playerの提供とサポートが、2020年で終了することが判明した。

本日、Adobeは2020年末にのFlash Playerのサポートを完全に終了する予定であることを発表(Adobe AIRとAdobe Animate CCについては継続)。既存のFlashコンテンツを新しいオープンフォーマットに移行するよう、コンテンツ制作者に推奨する旨を伝えている。

2020年、Adobe Flashはサポート終了へ

AdobeがFlashを廃止する理由は時代の潮流。かつてAdobeは、ウェブ上でビデオやゲーム、その他のクリエイティブなコンテンツを普及させる上でリーダーとしての役割を果たして来た。そして、ウェブが進化するにつれてプラットフォームは広がり、ウェブに不可欠な存在になった。

だが、昨今ではHTML5やWebGL、WebAssemblyなどのオープンスタンダードが成熟。Adobe Flashを必要とする時代は終わり、最近ではSafariやGoogle Chromeなどの主要ブラウザがFlashコンテンツをブロックするようになってしまった。

ちなみに、AdobeはAppleやFacebook、Google、Microsoft、Mozillaなどのパートナーと共に、2020年までAdobe Flashをサポートすることを約束している。

Microsoftは2019年後半にEdgeとInternet ExploreでFlashをデフォルトで無効化する予定で、2020年までにWindowsから完全に削除することを計画していると発表している。

Appleも「Safari for Mac」では、Flashをデフォルトでブロックしているが、現在でもユーザーの任意でFlashコンテンツを利用することは可能。Appleはこれに関して、2020年までFlashコンテンツをサポートすることをアナウンスしている。

2020年、Flashの歴史は終了する。Flashを利用しているWEBサービスは、早期に他のオープンスタンダードへの移行に向けて動き出す必要があるだろう。

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

[ via The Verge ]

adobe-flash
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。