「Apple Watch Series 3」は2017年秋に発売か 製造会社Quanta Computerが強気の売上予測

Appleの次期スマートウォッチ「Apple Watch Series 3」は新型iPhoneと同時に、今年9月にリリースされる予定なのかもしれない。

Economic Daily News (DigiTimes経由)によると、Apple Watchの製造を受託しているQuanta Computerは、2017年後半の売上を”好調”と予想しており、同時期に新型「Apple Watch」が登場する可能性があると言えそうだ。

「Apple Watch Series 3」は2017年秋に登場?

Quanta Computerの2017年後半の売上予測はかなり強気だ。同社は「Apple Watch」シリーズを単独で製造しているだけでなく、第2四半期にノートブックの出荷台数が毎月増加しており、その傾向は2017年後半まで続くと予想。これらを見越して、2017年後半の売上予測は”好調”なものになるという。

注目は、この”好調な売上”の理由に「Apple Watch」が入っていること。

売上増加が見込めるのは、やはり新型モデルの登場したタイミング。Economic Daily Newsは、Appleが第3世代の「Apple Watch」を2017年後半に発売するため、Quantaの利益を押し上げるのに一役買うと伝えており、「Apple Watch Series 3」の登場が近いことがわかる。

ちなみに、Compal ElectronicsがApple Watchのサプライヤーとして加わったことが報じられているが、同社は主に従来モデルの製造を引き受け、Quanta Computerが新型モデルの製造を引き受けることになると市場関係者は考えているようだ。

「Apple Watch Series 3」に関する情報はまだまだ少ない。噂ではバッテリー性能や防水性などの基本的な性能の向上に加えて、microLEDディスプレイへの移行血中糖度を計測するための光センサーの搭載、さらにはSIMカードが挿入できるようになり、iPhoneなしでも電話やメッセージの送受信ができるようになるなどの報道もあるが、どれも確信できる情報はない。

強いて言えば光センサーの搭載の可能性が高いと言えそうだが、これらについては以下の記事に情報をまとめているので、新型「Apple Watch」に期待している方はぜひこちらを参考にしていただければと思う。

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。