Chrome、ようやく「MacBook Pro」のTouch Barに対応 本日リリースの最新バージョン60で利用可能に

google-chrome-download-offline-installer

本日、Googleはブラウザ「Google Chrome」の最新バージョン「v60」の正式版を公開した。同バージョンでは「MacBook Pro」ユーザー待望のTouch Barのサポートが実施されている。

Touch Barがサポートされたことによって、「MacBook Pro」のTouch BarではGoogleのロゴが入った検索バーやブックマーク、新しいタブのショートカットが利用できるようになっている。

このTouch Barのレイアウトはある程度自由に変更することが可能だ。方法は「Google Chrome」をアクティブにした状態で、メニューバーの[表示]>[タッチバーのカスタマイズ]に移動して、ボタンの追加や削除などができるようになっている。

ちなみに、今回公開された「Google Chrome v60」では、Payment Request APIへの対応(デスクトップ版)やCredential Management APIの改善の他に、WEBサイトの読み込みのパフォーマンスを改善するPaint Timing APIやWEBフォントを読み込む際の挙動を調整できるようにするCSS font-displayが利用可能になるなど、開発者向けのさまざまな機能が実装されている。

アップデートするには、Macユーザーはメニューバーの[Chrome]>[Google Chromeについて]に移動し、アップデートを確認することで最新バージョンに移行することができる。もしくは、Chromeの右上にあるドットメニューの[ヘルプ]>[Google Chromeについて]からでもアップデートが可能だ。

「MacBook Pro 2016/2017モデル」を利用しているユーザーはぜひアップデートしておこう。

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。