Appleの新本社「Apple Park」についてジョナサン・アイブ氏がインタビューに応じる アイブ氏のデザインスタジオは4階に配置

現在、Appleは米カリフォルニア・クパチーノに新本社「Apple Park」を建設中だが、この新本社について、Appleの最高デザイン責任者であるジョナサン・アイブ氏がWSJとのインタビューで詳細を明かしている。

WSJによると、ジョナサン・アイブ氏のデザインチームが新本社「Apple Park」に移動するのは今秋。すでに各チームの移動は始まっていると言われているが、実質アイブ氏のチームが最後に移動することになっているのだという。

「Apple Park」は全部で4階までフロアがあり、アイブ氏のデザインスタジオは4階に配置。3階は「Apple Watch」と「Siri」開発チームが入り、MacとiPad部門は中央のソフトウェアチームに混在することになるようだ。

Apple Parkのオープンワークスペースには、ボタンを押すだけで立った状態で仕事ができるスタンディングデスクが採用。ずっと座ったまま同じ姿勢で仕事をするよりも、たまに立つことで頭をリフレッシュできそうだ。

また、「Apple Park」のメインのカフェテリアでは1日に14,000食ものランチが提供される。Appleの従業員はGoogleのように完全無料で食事をすることができるわけではないが、幾らかの補助金が出される予定なのだとか。

このほかにもアイブ氏は「Apple Park」の各所に関して多くを語っているので、詳細を確認したい方はぜひWSJを読んでいただければと思う。

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

[ via MacRumors ]

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。