USBの新規格「USB 3.2」が発表 マルチレーン動作により「USB 3.1」の2倍の速度でのデータ転送が可能に

近年、USBでのデータ転送は着実に速度が向上してきているが、さらに従来の2倍の速度で転送ができるようになる。

AppleやMicrosoftなどの企業を含む業界団体「USB 3.0 Promoter Group」は、USBの新規格「USB 3.2」を発表した

「USB 3.2」は「USB 3.1」の2倍の速度でのデータ転送が可能に

今回発表された「USB 3.2」は、データを複数のレーンで同時に送ることができる「マルチレーン動作」に対応。USB-Cケーブルを使用することで10Gbps/2レーンでの転送が可能なので、実質「USB 3.1」の2倍の速度でのデータ転送が可能になるという。

USB-Cケーブルはもともと拡張に備えて「マルチレーン動作」をサポートするように設計されていたため、現在市販されている10Gbpsでの転送に対応したUSB-Cケーブル(「SuperSpeed USB 10 Gbps」の認定ありのもの)でも「USB 3.2」での高速データ転送の恩恵を受けることが可能。ただし、データを送信する側と受診する側の両方の端末が「USB 3.2」に対応している必要があるとのこと。

この「USB 3.2」の規格は最終審査段階まできており、正式リリースは9月に開催される「USB Developer Days」以降となる見通しだ。

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

[ via The Verge ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。