スマートスピーカー市場にXiaomiも参入 人工音声アシスタント「小爱同学」を搭載した「Mi AI Speaker」が8月以降に発売へ

先日、Facebookが参入することが報じられたスマートスピーカー市場に、中国のXiaomiが本格参入することが明らかになった。

Xiaomiは26日、同社初のスマートスピーカー「Mi AI Speaker」を発表。今年8月に中国国内で発売する予定であることを明らかにしている。

Xiaomiがスマートスピーカー市場に参入 「Mi AI Speaker」を8月に発売予定

今回、Xiaomiが発表した「Mi AI Speaker」は「Amazon Echo」や「Google Home」などと同じように音声アシスタントを搭載したスマートスピーカー。独自の音声アシスタント「小爱同学」を搭載しており、話しかけることでコントロールすることが可能だ。

同スマートスピーカーは、2016年12月に発売した「Mi Internet Speaker」の改良モデル。音声操作による動作を改良し、人工知能による認識と返答が可能だとか。

他のスマートスピーカーと同じように、天気予報やスケジュールの確認、メモをとったりアラームを設定することも可能。音楽やオーディオブック、ラジオの再生もできるようになっているとのこと。

スピーカーには合計6つのマイクが搭載されており、周囲の音をしっかりと拾えるようになっている。

同スマートスピーカーは中国国内で299元(約5,000円)、8月に発売予定。国外での発売に関しては発表されていない。

ちなみに、発売当初に限りわずか1元で購入することが可能。ほぼ無料に近い価格だが、Xiaomiは人工知能の精度を上げるためのβテストを実施する必要があるとしており、通常よりも早いスピードで人工知能の精度を向上させることを目的としているようだ。

[ via TechCrunch ]

▶︎ Apple公式サイトで各種「Apple TV」をチェック
 ・Apple TV 4K
 ・Apple TV HD
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。