「iPhone 8」のワイヤレス充電モジュールがリーク

今秋にリリースが予定されている次期iPhoneの「iPhone 8」や「iPhone 7s」はワイヤレス充電に対応すると言われている。背面にワイヤレス充電パッドを仕込むことで、非接触給電をサポートすることが予想されているが、このワイヤレス充電用のパーツがリークしたようだ。

/Leaksは、「iPhone 8」用のワイヤレス充電モジュールとするパーツを公開している。

こちらが、/Leaksで公開された画像。中国のWeiboで公開されたものであるとのことだが、中央に電気を送るためのコイル状に巻かれた配線が確認できる。

同部品は5Wから10W(5V-12V/0.6A-2A)の主力まで対応するほか、ワイヤレス充電規格としては「Qi」に対応することが記載されている。

しかしながら、このモジュールが「iPhone 8」に搭載されるかどうかを確認することはできず、本物かどうかは不明。

ちなみに、次期iPhoneはワイヤレス充電に対応するため、背面がガラス製のパネルに置き換えられると各所から報告されている。

▶︎ 「iPhone X」「iPhone 8 / 8 Plus」の予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ via 気になる、記になる… ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。