Apple、次世代通信技術5Gの実験許可を取得

[ img via Jason Brown ]

将来のiPhoneには、次世代通信技術「5G」が搭載される。それがいつのモデルから実装されるかは明らかになっていないが、Appleは着々と準備を進めていることがわかった。

DSL Reportsによると、Appleは実験用に5G用の電波帯を使うライセンスを取得したことが明らかになっている。

5Gのテストはカリフォルニア州クパチーノとミリピタスで実施

Appleが取得した周波数帯は、28GHz帯と39GHz帯のふたつ今年5月に報道されていた申請書が通過し、5Gのテストを開始できるようになったと思われる。

同テストはカリフォルニア州クパチーノとミリピタスで行われることになり、実験はまもなく開始されることになると予想される。

ちなみに、5Gの通信実験はAppleだけでなくGoogleやFacebookなどの他大手企業もすでに開始している。

将来的にはiPhoneやiPadなどのモバイル端末に実装されることになり、LTE (4G)回線よりも高速な通信を利用できるようになる。

[ via 9to5Mac ]

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。