「iPhone 8」のカラーバリエーション、ブラック、ジェットブラック、そしてホワイトの3種類になる? Forbesが報じる

ここ最近、Forbesが「iPhone 8」のレンダリング画像をケースメーカーNodusと協力して作成、公開しているが、今度は「iPhone 8」のカラーバリエーションについて言及している。

今回、Forbesが入手した情報によると、「iPhone 8」には3つのカラーバリエーションが用意されるとのこと。

「iPhone 8」のカラーバリエーションは全3色?

その3種類とは、「ブラック」「ジェットブラック」、そして「ホワイト(もしくはシルバー)」。つまり、「iPhone 7」シリーズまで採用されていたローズゴールドやゴールドに関しては廃止になる可能性があるということだ。

「iPhone 8」はこれまでにも報道されているようにベゼルがとても狭く、各センサーやカメラが画面に食い込む形で配置される”ノッチデザイン”が採用される予定。

この端末デザインから、ディスプレイの色と合わせたカラーにする必要があるため、フロントは全てブラックで統一されるものとみられる。

そして、フロントのブラックカラーに違和感が生じないように背面は”モノクロ”デザインになることになるとのこと。つまり、黒系か白系のデザインしか用意できないことになる。

そして、カラーバリエーションが少なくなるという情報は今回が初めてではなく、以前にもKGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏が言及していたことでもある。他の情報源からも同様の情報が出てきていることから、カラーバリエーションが限定的になるのは間違いなさそうだ。

ちなみにForbesは、発売当初は3色のカラーバリエーションになることが濃厚としているが、「iPhone 7」シリーズの時のように、「 (PRODUCT) RED」モデルが発売後に追加される可能性があるとForbesは予想している。

しかも、「iPhone 7」の時は黒いベゼルと赤色の背面カラーを望む声が大きかったことから、赤+黒のクールな端末の登場もあり得るのかもしれない。

▶︎ 「iPhone X」「iPhone 8 / 8 Plus」の予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。