「HomePod」のファームウェアに「iPhone 8」のワイヤレス充電、急速充電に関する記述が存在

[ img via Forbes ]

「iPhone 8」にはワイヤレス充電機能が搭載される予定。そのために背面がガラスパネルになることが噂されているが、これを裏付ける情報が先日開発者向けに公開された「HomePod」のファームウェアに存在することが分かった。

「HomePod」のファームウェアに存在する記述は「CanChargeInductive」。これは、何かしらの端末がワイヤレス充電をサポートすることを意味するとみられる。

[ img via Reddit ]

「HomePod」のファームウェアはiOSをベースに開発されていることが判明しているが、現段階でiOS端末の中にワイヤレス充電をサポートしている端末は存在しない(HomePodもワイヤレス充電には対応しない)ため、次期iPhoneの「iPhone 8」などでワイヤレス充電を使えるようになる可能性が高まっている。

また、他にも「HighVoltage」という記述が見つかっていることから、急速充電に対応する可能性も浮上。以前から急速充電については噂されていることだが、次期iPhoneは今まで以上に早く充電することができるようになるかもしれない。

ちなみに、ワイヤレス充電に関しては、Appleが純正のワイヤレス充電器を用意することが予想されているが、「iPhone 8」の発売当初はワイヤレス充電器のリリースが遅れる可能性が指摘されている。そのため、ワイヤレス充電機能は「iOS 11」では利用することができず、「iOS 11.1」などのマイナーアップデートでアンロックされることが一部メディアから指摘されている。

▶︎ 「iPhone X」「iPhone 8 / 8 Plus」の予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ via BGR ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。