【非公式】「iPhone 8」の中身が透けて見える「トランスペアレント・エディション」のコンセプトイメージが公開

今秋に発売が噂されているAppleのハイエンドスマホ「iPhone 8」には、ワイヤレス充電機能が搭載され、「Face ID」と呼ばれる顔認証機能が搭載されると言われている。

この「iPhone 8」のカラーバリエーションは従来よりも少なくなると予想されており、つい先ほどもForbesが3色展開になるという情報を伝えていたが、もしこの中に中身が透けて見える「トランスペアレント・エディション」が登場したら…というコンセプトイメージが公開されている

今回透明な「トランスペアレント・エディション」のコンセプトイメージを公開したのは、ドイツのCurved。同メディアはSamsungの「Galaxy S8」などの端末を透明化しているJerryRigEverything氏に影響されて同コンセプトを作成したとのこと。

公開されたコンセプトイメージでは、おもて面は他のコンセプトと同様にベゼルレスデザインになっているのだが、裏面が透明になっており、「iPhone 8」の内部がしっかり見えるような構造になっている。

内部には「A11」チップが搭載されている様子が分かる。

秘密主義のAppleが内部のパーツをわざわざ見せつけるようなデザインのiPhoneを作る可能性はそこまで高くはなさそうだが、中身が見えるiPhoneというのも斬新でなかなか面白いかもしれない。

CurvedはYouTubeで動画も公開しているので、気になる人は以下の動画も確認していただければと思う。

▶︎ 「iPhone X」「iPhone 8 / 8 Plus」の予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ via iDownloadBlog ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。