「Apple Watch Series 3」、LTE通信に対応? 新デザインの採用の噂も

今秋の発売が予想されている次期「Apple Watch」はいよいよLTE通信に対応する予定なのかもしれない。

Bloombergは、次期「Apple Watch」についてセルラーモデルの登場を予想しており、さらに本体デザインの変更についても言及している。

スタンドアロンでの動作が可能になり、デザインが刷新

基本的に「Apple Watch」は、過去に発売したどのモデルもiPhoneとセットで使うことを前提としており、単独で使うことはほとんど不可能。一部機能に限ってはiPhoneとの接続不要で使えるようになったものの通信機能は使えず。

しかし、次期「Apple Watch」がLTE通信に対応した場合、iPhoneが近くになくてもメッセージの送信や電話などを「Apple Watch」からできるようになる

内蔵されるLTEモデムはIntel社が供給し、各キャリアで取り扱えるように協力するとのこと。

さらに、Appleの内部事情に詳しいDaring FireballのJohn Gruber氏は、Appleは次期「Apple Watch」で新しいフォームファクタを採用すると言及。新しいデザインに刷新される可能性が出てきている。

新しいデザインについての情報は今の所存在せず、どんな形になるのかは不明。発売時期についてもほぼ情報がない状態だったが、年内ではなく来年に発売される可能性が指摘されている。

もしかすると次期Apple Watchは、次期iPhoneと同時に発売されるわけではないのかもしれない。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。