Anker、USB3.1(Gen2)に対応した2種類のUSB-Cケーブルを発売 CtoCケーブルはUSB-PDにも対応

本日、人気スマホアクセサリメーカーのAnkerは、USB3.1(Gen2)に対応した2種類のUSB-Cケーブル「Anker PowerLine II USB-C & USB-C 3.1 (Gen2) ケーブル」と「Anker PowerLine II USB-C & USB-A 3.1 (Gen2)ケーブル」を発売した。

両ケーブルは最大データ転送速度10Gbpsに対応したUSB規格「USB3.1(Gen2)」に対応したUSB-Cケーブル。それぞれ「Anker PowerLine II USB-C & USB-C 3.1 (Gen2) ケーブル」は出力側の端子がUSB-Cになっており、「Anker PowerLine II USB-C & USB-A 3.1 (Gen2)ケーブル」は出力側の端子がUSB-Aになっている。

「Anker PowerLine II USB-C & USB-C 3.1 (Gen2) ケーブル」は充電規格「USB-PD」にも対応しており、USB-C機器を最大100Wで高速充電することができる。

また、両ケーブルはUSB-IFが設定するUSB製品が正しく稼働するための安全基準をすべて満たしており、USB-C対応機器に安全かつ安定した出力が可能だ。

カラーはどちらもブラックのみとなっており、ケーブルの長さは0.9m。価格は「Anker PowerLine II USB-C & USB-C 3.1 (Gen2) ケーブル」が2,000円、「Anker PowerLine II USB-C & USB-A 3.1 (Gen2)ケーブル」が1,199円だ。

すでにAmazonでの販売が開始されているので、購入する場合は以下からどうぞ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう