背面にガラスパネルを使用した「iPhone 7s Plus」のダミーユニットが公開

高いリーク情報を提供することでおなじみのSonny Dickson氏が「iPhone 7s Plus」のダミーユニットを撮影した画像を公開した。

本体デザインは現行から大きな変更はないものの、背面パネルをガラス製に置き換えると予想されている「iPhone 7s Plus」。「iPhone 7 Plus」の後継モデルと言える同端末だが、公開されたダミーユニットは以前から噂されている通りガラスの背面パネルが使用されており話題になっている。

公開されたダミーユニットを撮影した画像を見る限り、ガラス製の背面パネルだけでなく、アルミ製(もしくはステンレススチール)のフレームが使用されるなど現行機種からの変更点を確認することができる。

デュアルレンズカメラは「iPhone 8」のような縦並びではなく横並び。隣にはLEDフラッシュが搭載されている。

背面パネルがアルミからガラスに変更された理由は、ワイヤレス充電に対応するため。金属製のパネルよりも電波を通しやすい性質があることから、ワイヤレス充電を導入する上でガラスパネルへの変更は必須と言われている。

今年の秋にリリース予定の3つの次期iPhoneにはワイヤレス充電機能が搭載されると噂されているが、今回のダミーユニットの仕上がりを考えると、「iPhone 7s Plus」にもワイヤレスが搭載されることはほぼ確定的と言えるのかもしれない。

そうなると、4.7インチモデルの「iPhone 7s」も同様に背面にガラスパネルが使用されるはず。今回のダミーユニットを一回り小さくした端末が「iPhone 7s」になると予想できる。

ちなみに、同じくワイヤレス充電を搭載する最上位モデル「iPhone 8」に関しては発売が遅れる可能性が指摘されていたこともあったが、「iPhone 7s」シリーズに関しては例年通り9月頃に発表、発売するとみられている。

▶︎ 「iPhone X」「iPhone 8 / 8 Plus」の予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう