Anker、ニンテンドースイッチやMacBookを充電可能なPower Delivery対応モバイルバッテリー「Anker PowerCore+ 26800 PD」を発売

本日、スマホアクセサリー部門で人気の高いAnkerが、新型モバイルバッテリー「Anker PowerCore+ 26800 PD」の販売を開始している。

「Anker PowerCore+ 26800 PD」は、名前のとおり「Power Delivery」の高出力をサポートし、対応機器と接続することによって最大30Wの充電が可能なモバイルバッテリー。Appleの12インチラップトップ「MacBook」はもちろんのこと、ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)も急速充電することができる。

「Anker PowerCore+ 26800 PD」には、モバイルバッテリー本体に加えて、USB-Cケーブル (USB-C to USB-C/USB-A to microUSB)と、トラベルポーチが付属する。

充電ポートは、USB 3.0ポートが二つとUSB-PD対応ポートが一つ用意されており、USB-3.0ポートに関しては最大3A(5V=3A)での出力が可能。

また、USB-PD対応ポートは前述したとおり、最大30W(5V=3A, 9V=3A, 15V=2A,20V=1.5A)での充電が可能だ。

重要なのはUSB-PDの入力に対応するため、モバイルバッテリー自体を急速充電することができるということ。27Wでの高速充電が可能になったことによって、わずか4.5時間でモバイルバッテリーをフル充電することができる。従来の充電速度の3分の1の速さなのだとか。

モバイルバッテリー自体の容量も26800mAhとかなり大型。重量は580gと重いが、MacBookなどのラップトップ端末が充電できるモバイルバッテリーは数少ないため重宝するはず。出先でMacBookやNintendo Switchの充電をしたい人は、ぜひ同モバイルバッテリーをチェックしてみよう。

Anker PowerCore+ 26800 PD」は、Amazonで9,900円で販売中。購入は以下からどうぞ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。