「iOS 11 beta 6」の変更点一覧 一部純正アプリのアイコン変更やベタのLive壁紙が削除

本日、Appleは開発者向けに最新ベータ版「iOS 11 beta 6」、そしてパブリックベータテスター向けに「iOS 11 Public Beta 6」を公開しているが、同ベータ版にはいくつかの変更点が含まれていることが判明した。

9to5Macによると、以下の項目が変更されたようだ。

  • 「App Store」「メッセージ」「時計」「マップ」アプリのアイコンがリニューアル
  • 魚(ベタ)のライブ壁紙が削除
  • 画面の明るさの自動調節機能が標準で「ON」に
  • コントロールセンターの「ミュージック」ウィジェットに「AirPlay」利用時のインジケーターが表示(使用中は青色に)
  • 「写真」アプリの初回起動時に新しいスプラッシュページが追加
  • 新しいAirPodsオーバーレイアニメーションが追加レイアニメーションが追加

以上が最新ベータ版の変更点。いずれも大きな変更点ではなく、一部機能や設定に変更が加えられており、「iOS 11」の最終調整が進められている印象だ。

「iOS 11」は今年の秋にリリースが予定されており、早ければ来月にも公開される予定。ベータ版は徐々にバグが少なくなってきているので、一般ユーザーに公開されるバージョンでは快適な「iOS 11」が利用できるようになるかもしれない。

ちなみに、9to5Macでは「iOS 11 beta 6」での変更点をまとめた動画が公開されている。変更の詳細が気になる方は以下からどうぞ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメント一覧

  1. halcyon より
    2017-08-15 14:18

    beta6において、コントロールセンターを出したときのメイン画面のフェードアウト度合いが変わっているような気がしますが気のせいですかね?