「iPhone 8」のバッテリー接着シートを撮影した写真が公開 中央に接着面がないのはワイヤレス充電用のコイルのため?

次期iPhoneの「iPhone 8」については、発売日やカラーラインナップなど、最近は多くの情報が出回っている。

特に有力な情報は「HomePod」のファームウェアの記述から判明したもので、中にはワイヤレス充電や急速充電に関する記述も見つかっている状態だが、さらにワイヤレス充電機能の搭載に関する新たな情報が登場した。

信ぴょう性の高いリークを提供するGeekbarが、中国Weibo上で「iPhone 8」のバッテリーを接着するためのシートと思わしき部品の写真を公開している。

同部品の中央部分には接着面が設けられていないが、その理由としてはワイヤレス充電用コイルが接触するためではないか、とGeekBarは推測しているようだ。

この情報が正しいかどうかは不明だが、接着面がない部分は確かに充電用コイルの形に沿うように曲線を描いている。これまでの情報でもワイヤレス充電の搭載はほぼ確実視されているので、今回のGeekBarの情報も正しい可能性が高そうだ。

ちなみに、ワイヤレス充電に関しては「iPhone 8」だけでなく、「iPhone 7s / 7s Plus」にも搭載されるのではないかという情報も。今回の接着シートは「iPhone 8」のものだと言われているが、「iPhone 7s / 7s Plus」も同様の接着シートが用いられる可能性がある。

▶︎ 「iPhone X」「iPhone 8 / 8 Plus」の予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ via 気になる、記になる… ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。