日本版Kickstarter、正式ローンチは今年9月13日

今年5月、クラウドファンディングサービスの先駆けのKickstarterは、「Kickstarter Japan」を年内にローンチ予定であることを発表していたが、その日付が正式に発表された。

Kickstarterは本日午前10時、日本版のローンチ告知ページにサインアップしたユーザー向けに以下のメールを一斉送信。2017年9月13日に、Kickstarter Japanのローンチを行うことを予告した。

We’re excited to announce that Kickstarter Japan will be launching on September 13th!

On this date, Kickstarter will be available in Japanese and creators will be able to launch projects using a local Japanese bank account and local form of identification.

お待たせしました!2017年9月13日、Kickstarter Japanを公開します。

当日から、Kickstarterを日本語で使用できるようになります。また、クリエイターは日本の銀行口座・身分証明書を使って、プロジェクトを立ち上げることができるようになります。

Kickstarterでプロジェクトの立ち上げを考えているクリエイターは、Kickstarterプロジェクトスナップショットから詳細を教えてください。

メールでは、Kickstarterを日本語で使用できる(推奨は英語)こと、またクリエイターは日本の銀行口座・身分証明書を使ってプロジェクトを立ち上げられることがアナウンスされている。

プロジェクトの立ち上げを考えているクリエイターは、Kickstarterの専用ページから事前申請が可能。プロジェクト名やその詳細、プロジェクトのカテゴリやターゲットコミュニティなど様々な情報を入力し、申請することになる。

今までも日本からKickstarterのプロジェクトを立ち上げることは可能だったが、Kickstarter Japanが誕生したことで、日本の銀行口座や住所でもプロジェクトの立ち上げが可能になる。これはクリエイターにとって非常に喜ばしいことだ。

日本国内だけでなく、世界中から資金を募集することができるため、叶えられなかった夢を叶えるチャンスが増えることになる。興味がある方はぜひこちらから詳細を確認してほしい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。