SONY、PS4のシステムソフトウェア「バージョン5.00」の機能を公開 PSVRで動画配信する際にコメントをVR側で見ることが可能に

本日、SONYは「PlayStation 4」の次期システムソフトウェア「バージョン5.00」で追加される予定の新機能を公式ブログで発表。多数の新機能や変更が盛り込まれているので、PS4のユーザーはぜひ確認しておこう。

次期システムソフトウェアの名称は「バージョン5.00 “NOBUNAGA(ノブナガ)”」。追加される予定の新機能は以下の通り。

ファミリーメンバー登録により、ペアレンタルコントロールの利便性を向上

PS4のユーザーをファミリーメンバーとして登録することで、子どもの情報管理や利用制限の設定がしやすくなる。

  • [設定]>[ペアレンタルコントロール/ファミリー管理]を選択。
  • 「ファミリー管理者」が、ファミリーを作成。
  • 1つのファミリーには、オンライン機能を使用できるユーザーを7人まで登録可能。
  • ファミリーには大人を複数登録できます。「ファミリー管理者」は、自分以外の大人を「保護者」に設定可能。「ファミリー管理者」と「保護者」は、お子様のペアレンタルコントロールの設定ができるように。
  • ペアレンタルコントロールはお子様ごとに設定できる。オンライン機能やプレーヤーとのコミュニケーション機能、年齢制限のあるゲーム、インターネットブラウザーなどの使用を制限したり、PlayStation™Storeで利用できる限度額を設定したりできるように。

フレンドにカスタムリストを追加

フレンドにカスタムリスト機能が追加。カスタムリストを作成することで、自分が使いやすいようにフレンドを整理でき、メッセージやゲームの招待などを送る相手を選びやすくなるとのこと。

「Live from PlayStation」の視聴画面にコミュニティーを表示

ブロードキャストによっては、「Live from PlayStation」の視聴画面にコミュニティーが表示されるように。コミュニティーを選ぶと、配信者のコミュニティーにアクセス可能。

クイックメニューの機能改善

クイックメニューから、お知らせを確認できるように。

新たなシステム言語を追加

システム言語に、インドネシア語、ギリシャ語、タイ語、チェコ語、ハンガリー語、ベトナム語、ルーマニア語が追加。

PS VRにおけるブロードキャスト時の機能改善

PlayStationVRでゲームプレイをブロードキャストする際に、観戦者のコメントをVRヘッドセットの画面にも表示できるように。

PS VRにヘッドホン接続時、Blu-ray™/DVDコンテンツがバーチャルサラウンドに対応

PS VRにヘッドホンを接続してお使いの場合、Blu-ray™ディスクやDVDコンテンツを5.1および7.1バーチャルサラウンドで楽しめるように。


以上が「バージョン5.00 “NOBUNAGA(ノブナガ)”」で追加される新機能一覧。大きな変更点は少ないが、クイックメニューの仕様変更やPSVRを使用した映像配信時にコメントが表示されるなど良アップデートになっている印象だ。

ちなみに、同アップデートの配布日程や詳細については後日発表予定としている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。