「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」のCAD画像が公開

来月に発表が迫っているとされる新型iPhoneの「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」。

この2モデルは、大幅なデザイン変更を伴う「iPhone 8」と同時に発表されることが予想されているが、「iPhone 8」と同様に複数の新機能の搭載やデザインの一部変更が噂されている。

この「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」のデザインを確認できるCAD画像が公開されているので詳しくご紹介しよう。

「iPhone 7s / 7s Plus」のCAD画像が公開

今回画像を公開したのは、海外メディアのTechno Buffalo。同メディアによると、同画像は「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」のCAD画像で、製造プロセスに近い情報源から手に入れたものだという。

公開された画像によって、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」のデザインや主要な機能を確認することができる。

まずは、デザインについて。端末の基本デザインは、現行モデルの「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」のものを引き続き使用し、大きな変更は少ないようだ。

ただし、背面に関してはワイヤレス充電に対応するためにガラス製のパネルが使用される予定。金属でできたフレームをフロントパーツと背面のガラスパネルで挟むようになるとのこと。

背面に搭載されたカメラは、「iPhone 7s」はシングルカメラで、「iPhone 7s Plus」はデュアルレンズカメラ。「iPhone 8」ではデュアルレンズカメラは縦並びになることが予想されているが、「iPhone 7s Plus」では横並びに。これも「iPhone 7 Plus」のデザインを踏襲する。

他には、ホームボタンや電源ボタン、ボリューム調整ボタンなど物理式のボタン配置も「iPhone 7」シリーズと変わらず。背面の丸い円には、Appleの林檎のロゴが入る予定だという。

この画像は本物であるかどうかは不明だが、概ね今までの噂通りの仕様になっており、やはり「iPhone 7」シリーズのマイナーアップデートモデルが投入される可能性は高そうだ。

▶︎ 「iPhone X」「iPhone 8 / 8 Plus」の予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。