「Xbox One X」、米国など海外で予約受付開始 限定版「Project Scorpio Edition」も発表

ドイツで開催されている「gamescom 2017」で、Microsoftは「Xbox @ gamescom LIVE」を開催。同イベントでは「Xbox One」の次世代モデル「Xbox One X」の予約受付に関するアナウンスが行われ、米国を含む複数の国で予約受付が開始されている

「Xbox One X」は、従来型「Xbox One」に高性能なGPUやメモリを搭載した新型モデル。4K出力にも対応している上に、最新冷却機能が搭載された関係でXbox史上最もコンパクトな本体に仕上がっている。

Microsoftの発表によると、同モデルの予約受付が本日から開始。価格は499ドルで、11月7日に出荷が開始される予定。

また予約受付に際して、同社は限定モデルの「Xbox One X Project Scorpio Edition」の発表も行っている。

この限定モデルは、本体とコントローラーに当初の開発コードである「Project Scorpio」を記した特別版。価格は通常モデルと同様に499ドルで、先着順で購入することが可能だ。

ちなみに、今回「Xbox One X」の予約が開始されたのは海外のみ。日本国内での発売時期に関しては不明となっている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。