「Android 8.0 Oreo」が正式に発表 名称に商品名が使用されるのは「KitKat」以来2回目

現地時間8月21日、Googleは次期Android OSの発表イベントを米ニューヨークで開催。イベントで次期Android OSの「Android 8.0 Oreo」を正式に発表した。

Androidの名称に商品名が入るのは、「Android 4.4 KitKat」以来。Googleは今回のアップデートを、”今までよりスマートで速く、そしてパワフル”と表現している。

次期Android OSの名称は「Android  8.0 Oreo」

本日実施された数分間のストリーミング配信で、Googleは次期OSの名称とマスコットをお披露目。マスコットのお腹には「Oreo」が埋め込まれており、「Android 8.0」の名称を伝えている。

「Android 8.0 Oreo」は、すでに開発者向けにプレビュー版が公開されており、多数の新機能(通知の改善やピクチャ・イン・ピクチャ、新絵文字の追加など)が搭載されることが判明している。

公式ブログによれば、「Android 8.0 Oreo」はすでに「Android Open Source Project(AOSP)」に登録済み。気になるリリース時期についてだが、PixelやNexus 5X/6P向けのビルドは現在キャリアテストを実施している最中。つまり、これらの端末には近いうちにリリースされることになるはずだ。

そして、2017年内にはSamsungやSONY、HTC、HUAWEI、Sharp、京セラ、LG、Motorola、そしてEssentialなど多数のメーカーのスマートフォンにプッシュされるとしている。ちなみに、現行の最新OS「Android 7.0 Nougat」は1年前近く前にリリースされたものだが、全体の13.5%のデバイスにのみ配信されている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。