「iOS 11」の最新ベータ版に「HomePod」のセットアッププロセスが存在することが判明

昨日、Appleは開発者向けにiOSの最新ベータ版「iOS 11 beta 7」を公開した。同ベータ版には、複数の変更点が存在することが各開発者の報告から明らかになっているが、これとは別に、さらに興味深いものが存在することが明らかになった。

iHelp BRによると、「iOS 11 beta 7」には「HomePod」の初回セットアップのプロセスに関するアセットやコードが存在することが判明している。

「iOS 11 beta 7」の中から「HomePod」の初回セットアップ時に使用される画像などが発見

iHelp BRは、「iOS 11 beta 7」の中に隠されたとあるアセットを発見。以下が発見された画像で、「HomePod」の初回セットアップ時に使用されるものだと考えられる。

これは「HomePod」の初回起動時に表示される画面だろう。左に「HomePod」本体の画像、右には「iPhone」の画像が配置されており、初回はiPhoneまたはiPadもしくはiPod touchなどのiOS端末のペアリングが求められるものと予想される。

MacやApple TVともペアリングできる可能性があるが、それを示唆するアセットは見つかっておらず、もしかすると「HomePod」を使用するには何かしらのiOS端末が必須になる可能性が高そうだ。また、iOSデバイスとのペアリング後にiCloud経由で他のデバイスとのペアリングが自動で完了する機能もあってもおかしくはない。

このペアリング画面は、Appleの純正ワイヤレスイヤホン「AirPods」のペアリングプロセスにかなり似ている。「AirPods」に搭載された「W1」チップのおかげで、iPhoneとのペアリングはとてもスムーズになったが、「HomePod」に「W1」チップが搭載されるという情報はない。

どのようにiPhoneが近くにあることを検知するのかは不明だが、まずは家庭内ネットワークに接続してからペアリングするのだろうか。それとも「iOS 11」にはまだ秘められた新機能が存在する?

iHelp BRはさらに、「HomePod」に関する新しい記述も「iOS 11 beta 7」から発見。この記述を読み解くと、「HomePod」の機能についてさらに細かい仕様が明らかになっている。

まずは、「HomePod」の設定の一部は、iOSデバイス側から変更することが可能だという。しかし、初回のペアリングプロセスに関してはほぼ全ての工程を「Siri」で行うことになるということ。

ただしセキュリティ上の理由から、ペアリング時には4桁のパスコードの入力が必要になる場面があるとのこと。入力はiOS側で行う必要があるようだが、「iOS 11 beta 7」の記述を見る限り「HomePod」のシリアル番号下4桁の入力が求められるようだ。

また、「Siri」の声を「男性」や「女性」から選ぶことが可能であったり、VoiceOver機能を使用できたり、ファームウェアの更新を「自動」もしくは「手動」に設定できるようになっているようだ。

さらに、英語以外の言語をサポートする準備が整っていることも明らかになっている。当初はアメリカ、イギリス、オーストラリアのみ販売が行われる予定だが、もしかすると近いうちに上記以外の国でも発売する予定なのかもしれない。

その他に求められる要件として、ユーザーは自身のiCloudアカウントに2ファクタ認証を使用すること、キーチェーンへのアクセスを許可すること、そしてパスワードで保護された「WPA / WPA2」のネットワークを使用することが必須とされるようだ。

ちなみに、これらの情報はあくまでベータ版に内包されている情報で、全てが12月に発売する「HomePod」で採用される仕様なのかどうかは不明だ。今後変更される可能性も十分あることに注意していただきたい。

【追記】iOS開発者のGuilherme Rambo氏も「iOS 11 beta 7」から同様の情報を発見したとTwitterで報告している。彼によると、iOSの画面で「HomePod」とペアリングができるようになっており、Siriの言語やどんな家で使うのか、使用する部屋などの選択ができるとのこと。

さらに、iPhoneに登録してあるApple IDから、接続するWi-FiやSiriなどのセッティングを共有することができるようだ。そして「HomePod」のSiriからは、「Apple Music」や「Home」「News」「時計」アプリなどで利用することが可能になっているようだ。さらに、「Apple TV」に関しても同様のセットアップができるようになっていることも併せて報告している。

「HomePod」に関しては、すでに開発者向けに公開されたファームウェアから様々な仕様が明らかになっている。日本での発売はまだ少し先になる可能性があるが、興味がある方は以下の記事等をご覧いただければと思う。

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。