「iPhone 8」に採用されるデザインや新機能まとめ Bloombergが公開

今秋、Appleは「iPhone 7 / 7 Plus」の後継機となる「iPhone 7s / 7s Plus」と、ベゼルレスデザインが採用され、様々な新機能を搭載したハイエンドモデル「iPhone 8」の3種類のiPhoneを発表すると噂されている。

その中でもやはり注目が集まっているのが「iPhone 8」だが、同機種のデザインや搭載されるであろう新機能をBloombergがまとめている。

Bloombergによると、「iPhone 8」はこれまでの噂にもあった通り、有機ELディスプレイや両面ガラス、ベゼルレスデザインが採用されるとみられている。また、理由は不明だが電源ボタンが従来より長くなるとのこと。

そして、新機能としてはARに対応したカメラや3D顔認証センサー、「SmartCamera」機能、バーチャルホームボタンなどが搭載。また、すでにAndroidスマホで採用されているワイヤレス充電や「Tap to Wake」機能も実装されると予測しているようだ。

ほとんどがこれまでに噂されてきたデザイン・機能になるため、今回明らかになった最新情報はほぼないが、やはり「iPhone 8」はこのような仕様になるようだ。

最近は部品のリークも多くなってきており、いよいよ生産が本格的に開始されたものとみられている「iPhone 8」。ユーザーからの期待はかなり大きくなっているが、一体どれほどの製品が登場するのか非常に楽しみだ。

▶︎ 「iPhone X」「iPhone 8 / 8 Plus」の予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。