次期iPhoneの発表イベントは9月12日(現地時間)に開催か 「iPhone 8」のストレージ容量は64GB/256GB/512GB?

[ img via Forbes ]

毎年恒例の次期iPhoneの発表イベントが迫ってきている。噂によると、今年も例年通り9月に発表イベントが開催される予定とされているが、Mac4EverによるとXデーは現地時間9月12日になる予定だという。

これは各携帯キャリアに伝えられている情報だという。携帯キャリアは、次期iPhoneの予約受付の準備や在庫管理の関係で、Appleから事前に情報が伝えられているとのこと。

この情報が正しければ、発表イベントは9月12日(火)に開催され、早ければ9月15日(金)には予約受付が開始される。そして9月22日(金)に次期iPhoneが発売するとのことだ。

モデル 発表日 発売日 発表から
発売までの期間
iPhone 6 / 6 Plus 2014年9月9日(火) 2014年9月19日(金) 10日間
iPhone 6s / 6s Plus 2015年9月9日(水) 2015年9月25日(金) 16日間
iPhone 7 / 7 Plus 2016年9月7日(水) 2016年9月16日(金) 9日間
iPhone 8
iPhone 7s / 7s Plus
2017年9月12日(火)? 2017年9月22日(金)? 10日間?

「iPhone 8」のストレージ容量は64GB/256GB/512GBに?

次期iPhoneの発売日や発表日に関する情報が伝えられているが、同時に「iPhone 8」のストレージ容量に関する新しい情報も公開されている。

Geekbarによれば、「iPhone 8」のストレージ容量は64GB/256GB/512GBの3種類。これは今月6月に発売した10.5インチ「iPad Pro」と同じストレージ容量のラインナップになる。

iPhoneに512GBもの大容量のストレージが必要なのかどうかは分からないが、少なくとも容量は大いに越したことはない。ハイエンドユーザーにとって嬉しい情報といえそうだ。

フラッシュストレージの供給は容量で異なるとのこと。64GBと256GBのストレージは、東芝とSanDiskの2社で供給し、最も容量の大きい512GBのものはSamsungとHynixが供給するという。

今回情報を伝えているGeekbarは信頼に足る情報源として有名だが、KGI Securitiesの著名アナリストMing-Chi Kuo氏は「iPhone 8」のストレージ容量は64GB/128GB/256GBになると伝えている。どちらが正しいのかは現時点では不明だ。

ちなみに、「iPhone 8」のRAM容量は3GBになる見通し。今までの報道からも、「iPhone 7 Plus」と同様の容量になる可能性が高い。


今回明らかになったのは、次期iPhoneの発売日や発表日、そしてストレージ容量のラインナップなど。これら全てが本当なのかはまだ明らかではないが、これまでの報道や例年のスケジュールを考えると可能性は極めて高い。

そうなると、発表イベントの開催まで残り20日を切ることになる。噂の「iPhone 8」の正体が明らかになるのはもうすぐだ。

ちなみに、同イベントでは新型「Apple TV」の発表や、新型「Apple Watch」、「iOS 11」と「macOS High Sierra 10.13」の正式リリース日などが発表されるものと予想されている。

▶︎ 「iPhone X」「iPhone 8 / 8 Plus」の予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ via 9to5Mac 1/2 ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。