「Google Glass」のiOS用コンパニオンアプリ「MyGlass」が「iOS 11」でも使えるように アップデートで64bitをサポート

Googleのメガネ型ウェアラブルデバイス「Google Glass」。今年7月には法人市場に特化した新型モデル「Enterprise Edition」が発表、8月には法人向けに販売も開始された。

同デバイスを利用するにはコンパニオンアプリ「MyGlass」が必要になるのだが、iOS版は未だに32bitしか対応しておらず、32bitアプリのサポートが終了する「iOS 11」での利用が危ぶまれていた。

しかし、Googleは現地時間8月19日にiOS版「MyGlass」をアップデート。アップデート内容としてはバグフィックスだけがアナウンスされていたのだが、どうやら64bitのサポートも追加されていたようだ。Redditのユーザーが報告している。

これにより、「iOS 11」にアップデートしても「Google Glass」を使い続けることができるようになった。同デバイスは日本で販売されていないため使用している方はかなり少ないと思うのだが、もし「Google Glass」を利用している方がいたら「MyGlass」アプリをアップデートしておくようにしよう。

 [ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。