「iPhone 8」のワイヤレス充電の出力は最大7.5Wか iPhoneとApple Watchが一つの充電器で充電できる可能性あり

来月にも発表されることが予想されている次期iPhoneの「iPhone 8」と「iPhone 7s / 7s Plus」の3モデルは、いずれもワイヤレス充電をサポートするとみられている。

そして、Appleが採用するワイヤレス充電規格はワイヤレスパワーコンソーシアム(WPC:Wireless Power Consortium)が策定した国際標準規格「Qi」になると予想されているが、その仕様は最大7.5Wの出力で、「Qi Ver.1.2」がサポートする最大15Wの出力には対応しない可能性があるようだ。

Macお宝鑑定団Blog (羅針盤)が、ワイヤレスパワーコンソーシアムに詳しい情報筋の話として伝えている。

Appleは最大7.5W出力の「Standard Power Profile 7.5W (5V/1.5A)」をサポート予定

現在、モバイル端末向けのワイヤレス充電規格は「Qi Ver.1.2」で最大15Wまでの出力を行うことができるが、AppleはExtended Power Profile 15Wではなく、半分の出力のStandard Power Profile 7.5W (5V/1.5A)をサポートする予定だという。

これは「Apple Watch」の充電器に採用されているワイヤレス充電規格と同じ(Qi Ver.1.1.2)規格になる可能性があるということ。そうなると、急速ワイヤレス充電を利用できない可能性が高い。

ただし、Apple Watchユーザーにとっては嬉しい点も。Apple WatchとiPhoneで同じワイヤレス充電規格を使用することから、純正のワイヤレス充電器で、次期iPhoneとApple Watchを充電できる可能性があるようだ。

もちろん、同規格に対応した充電器も使用可能だとみられる。ただし、注意が必要なのは「Apple Watch」の充電器と同じようにMFiライセンスを取得した充電器しか使えない可能性があるとのこと。

つまり、現在市販されているワイヤレス充電器の全てで、次期iPhoneが充電できるわけではないようだ。次期iPhoneのためにワイヤレス充電器を購入しようと考えている方は、iPhoneの正式発表を待つことをオススメする。

▶︎ 「iPhone X」「iPhone 8 / 8 Plus」の予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。