「iPhone 8」の二層式ロジックボードの2枚目がリーク 「A11」プロセッサが搭載へ

昨日、「iPhone 7s」のロジックボードに加えて、「iPhone 8」のロジックボード(1枚目)を撮影した写真がインターネット上で流出したが、今度は不足していた2枚目のロジックボードが公開された。

リーク情報の正確さで定評のあるGeekbarが、以下の画像を公開。「iPhone 8」に搭載されるロジックボードとみられ、2枚に分かれている様子が確認できる。

以前の報道から、「iPhone 8」は内部のスペースを節約するために、ロジックボードを二層式にして小型化が図られていることが判明している。

上記の画像のように2枚に分けたロジックボードを上下に重ねる予定で、その証拠に二つのパーツが同じ形状をしていることがお分かりいただけると思う。

ロジックボードをじっくり見てみると、右側に正方形のパーツを配置する箇所が確認できる。これはおそらく「A11」チップが搭載される場所で、先日公開された「A11」プロセッサの設計と一致することから、同ロジックボードは「iPhone 8」のものとみて間違いなさそうだ。

つまり、次期iPhoneの「iPhone 7s」シリーズと「iPhone 8」は同じ「A11」プロセッサが搭載されることになる。ということは、どの端末も変わらない性能を持っていると考えていいのだろうか。

いよいよロジックボードが明らかになった「iPhone 8」、最近の報道で仕様はほとんど判明した状態。あとは正式発表を待つだけだ。

Appleからは、まだ発表イベントに関する正式アナウンスは行われていないが、噂では8月12日にスペシャルイベントが開催されると報じられている。

▶︎ 「iPhone X」「iPhone 8 / 8 Plus」の予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ via 気になる、記になる… ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。