Beatsのオーディオデバイス3種類に新カラー「Neighborhood Collection」が追加 Apple公式サイトで販売中

本日、Beatsは各ワイヤレスオーディオデバイスに新カラーシリーズ「Neighborhood Collection」を追加した。

今回新たに追加された「Neighborhood Collection」は、今までのBeats製品のような原色に近い明るいカラーではなく、「アスファルトグレー」や「ターフグリーン」など渋いカラーリングで、どちらかというと暗めな配色で落ち着いた印象を受ける。

「Neighborhood Collection」が追加された製品は、ヘッドホンの「Solo 3 Wireless」、イヤホンの「Powerbeats3 Wireless」、スピーカーの「Pill+」の3種類。

Solo 3 Wireless」と「Powerbeats3 Wireless」は、どちらもAppleの「AirPods」にも使用された「W1」チップが搭載され、Apple製品と簡単にペアリングできる。

また、スピーカーの「Pill+」は「W1」チップは搭載されていないものの、Lightningケーブルで充電でき、コンパクトなながら音質もかなり良い。

「Neighborhood Collection」のいずれの商品も、すでにApple公式サイトから購入可能。価格は据え置きなので、これからBeatsの製品を購入する予定なら「Neighborhood Collection」の購入を検討してみてもいいかもしれない。

以下、「Neighborhood Collection」の商品一覧。

Solo 3 Wireless
アスファルトグレー / ブリックレッド / ブレイクブルー / ターフグリーン – 32,184円(税込)

Powerbeats3 Wireless
アスファルトグレー / ブリックレッド / ブレイクブルー / ターフグリーン – 21,384円(税込)

Pill+
アスファルトグレー / ターフグリーン – 20,304円

[ via iをありがとう ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。