Apple、やはり9月12日に新型iPhoneの「iPhone 8」の発表イベントを開催へ

先日、仏メディアMac4Everが新型iPhoneの発表イベントが9月12日に開催されると報じていたが、やはり同日に「iPhone 8」を含む新型iPhoneの発表イベントを開催する予定のようだ。

これを伝えているのは、CNBCThe Wall Street Journalなどの米大手メディア。CNBCによると、Appleは「iPhone 8」と「iPhone 7s / 7s Plus」の3つの新型iPhoneを発表予定。そのほかにも新型「Apple Watch」と4K/HDRに対応した新型「Apple TV」を発表するとのこと。

[ img via Forbes ]

最も注目される「iPhone 8」は、有機ELディスプレイを搭載し、ベゼルが極狭になりホームボタンが廃止された全面ディスプレイモデル。ホームボタンが廃止されることで指紋認証機能は廃止される予定だが、その代わりに顔認証機能を搭載する予定であるとのこと。

「iPhone 8」の価格は、最新の情報では約1,000ドルからになる予定で、最も高いモデルでは1,200ドル以上になる可能性が指摘されている。日本円にすると11万円以上、最大容量のモデルで13万円から14万円程度になるかもしれない。

発表イベントは9月12日に行われるということは、例年通りのスケジュールであれば今月中に「iPhone 8」が発売する可能性が高い。もっとも可能性が高いのは9月22日に発売するパターンで、そうであるなら予約受付はスペシャルイベントの実施後の金曜日(9月15日)になることが予想される。

ただ、「iPhone 8」が発表イベント後、すぐに発売されるかどうかは不明。こればかりは正式な発表を待つしかなさそうだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。