「iPhone 8」はホームボタン廃止に伴い、新ジェスチャーを利用可能に?iPadのようにアプリスイッチが可能か

今、Appleコミュニティの間でもっともホットな話題、それはもちろん次期iPhoneの最上位モデル「iPhone 8」についてだ。

最新の情報では、「iPhone 8」は従来モデルからデザインが大きく変更され、ホームボタンが廃止される予定。ホームボタンが廃止されれば、当然だがユーザーは今まで通りホームボタンを使用した操作ができなくなる。

ホームボタンはホーム画面に戻る時だけでなく、アプリの切り替えやSiriの起動など様々な場面で使用されるもの。廃止されることで、これらの操作をどのように行うようになるのだろうか。

Bloombergによると、「iPhone 8」にはホームボタンの廃止を補完するための新しいジェスチャーが導入される予定であることが分かった。指の動きで、スムーズにアプリの切り替えなどができるようになっているようだ。

「iPhone 8」はホームボタンが廃止されることで、端末下部までディスプレイを伸ばすことが可能になる。Appleはこのディスプレイ下部を端末を操作するための領域として割り当てており、それと同時にバーチャルホームボタンの代わりに細いバーが用意される予定。

ユーザーはこのバーを下から上になぞることで、アプリの切り替えができるとのこと。イメージはiPadのマルチタッチジェスチャー。iPadの場合、画面を4本もしくは5本の指で下から上になぞることで、アプリの切り替えを行うことが可能だ。

これと似たジェスチャーが「iPhone 8」に導入され、アプリのスイッチはスムーズにできるようになっているようだ。イメージとしては以下の動画のような感じ。

さらに、アプリを上方向にフリックすることでアプリを終了しホームボタンに戻ることができる(ゲームアプリなどで画面上部にフリックが必要になった場合に、どのようにアプリを終了させるのかは不明)とBloombergは伝えている。

ここで重要なのは、「iPhone 8」は元々のホームボタンの役割をバーチャルホームボタンに委ねる訳ではないということ。新しいジェスチャーの導入と併せることで、新しいユーザー体験を実現している。

ちなみに、Bloombergによると「iPhone 8」の画面の四隅は、従来モデルのように直角カットではなく、丸みを帯びているとのこと。ディスプレイ下部に設置されたドック(複数のアプリを固定するバーのこと)は、「iOS 11」で導入されるiPad用のドックに近い仕様になる予定だという。

また、サイドに配置された電源ボタンは従来よりも長くなり、片手で操作しながらでも押すことが簡単になっているようだ。ただ、電源ボタンを触る機会はそこまで多くはなさそうだが。

最後に、各センサーやレシーバーが配置されるノッチ部分について。「iPhone 8」は黒表現に長けた有機ELディスプレイを搭載させることで、黒いノッチ領域と融和させることができる。つまり、ノッチ部分の存在感を消すことが可能だ。

これは、「iPhone 8」の一つの特徴だと言えるわけだが、しかしながら、Appleは必ずしもノッチ部分を隠したいわけではないようだ。ノッチ部分を完全に隠すには、すべてのUIを黒ベースに置き換える必要があるわけだが、「iOS 11」のベータ版ではその兆候は見られない。Appleは画面とノッチ部分の融和を諦め、今まで通りホワイトベースのUIを使用する可能性がありそう。

最新の情報によると、「iPhone 8」は現地時間9月12日に発表され、9月22日に発売するスケジュールが組まれていると噂されている。そうなると、予約開始日は9月15日もしくは9月16日になる可能性が高い。詳しくは発表イベントで明らかになるが、この辺りのスケジュールは考慮しておく必要があるだろう。

▶︎ 「iPhone X」「iPhone 8 / 8 Plus」の予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。