Dropboxのデスクトップアプリ、「OS X 10.8 Mountain Lion」「Windows Vista」以前のOSをサポート対象外に ブラウザ版は引き続き利用可能

dropbox

クラウドストレージサービスのDropboxは、提供しているデスクトップアプリにおいて、一部のオペレーションシステムのサポートを終了する予定であることを発表。「OS X 10.8 Mountainted Lion」「Windows Vista」以前のOSを利用している場合、2017年11月3日からアプリケーションのダウンロードやインストールができなくなることを各ユーザーにメールで通知している。

さらに、翌年の2018年1月16日以降から「OS X 10.8 Mountain Lion」「Windows Vista」以前のOSでDropboxのデスクトップアプリを利用している場合、自動的にアカウントからログアウトされる仕様になるとのこと。

つまり、1月16日以降も引き続きDropboxアプリを利用したい場合は、「OS X 10.9 Mavericks」「Windows 7」以降のOSをインストールする必要があるということになる。

Dropboxはブラウザ版に関しては引き続き利用可能としているが、もし旧OSを使い続けているDropboxユーザーがいたら、早めにOSのアップグレードの準備をしておいた方が良さそうだ。今回の発表の詳細はこちらからどうぞ。

[ via Macお宝鑑定団Blog (羅針盤) ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。