Apple、新型iPhoneの発表イベントの開催を正式発表 9月12日にスティーブ・ジョブズシアターで開催

本日、Appleは新型iPhoneの発表イベント「Let’s meet at our place.」を開催することを正式に発表。各メディアやジャーナリストの方々に招待状の送付を行なっている。

Appleの発表によると、新製品の発表イベントは現地時間9月12日午前10時から開始される予定。日本時間では9月13日午前2時から開始となる。

開催場所は米カリフォルニア州の新本社ビル「Apple Park」のスティーブ・ジョブズシアター。出来立てホヤホヤの新施設で、10周年を記念した新型iPhoneが発表される予定だ。

新製品発表イベントでは、「iOS 11」や「macOS High Sierra 10.13」「watchOS 4」「tvOS 11」の正式リリース日、そして新型iPhoneの「iPhone 8」と「iPhone 7s / 7s Plus」、新型「Apple TV」と新型「Apple Watch」が発表される見込みとなっている。

ちなみに、今回の新製品発表イベントは昨年までと同様、ストリーミング配信が行われる予定。

ストリーミング配信はiPhone、iPad、iPod touchの場合はiOS 7.0以上が動作する端末のSafariで視聴可能。Macの場合は「OS X 10.8.5」以降のOSが動作し、Safariのバージョンが「6.0.5」以上であることが条件となっている。

そのほか、「Apple TV」の場合は「ソフトウェア6.2」以上が動作する第2世代、第3世代、第4世代モデルで視聴が可能。Windows PCの場合は「Windows 10」以降のOSを搭載した端末で「Microsoft Edge」でのみ視聴が可能だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。