【レビュー】低予算ノイズキャンセリング機能付きワイヤレスヘッドホン「iDeaUSA Bluetoothヘッドホン」をレビュー

日々音楽を楽しむ時に、外部からの雑音をカットしてどっぷりとそのアーティストの世界に浸りたい…そんな風に思っている人の中には、ノイズキャンセリング機能付きのヘッドホンを所望している人もいることと思う。

ただし、ノイズキャンセリング機能がついたヘッドホンは高価なものが多く、安易な気持ちではなかなか購入し難い。さらにワイヤレスとなると、より価格が高くなってしまう。

そんな人にチェックしていただきたいのが、比較的低予算で購入できる「iDeaUSA Bluetoothヘッドホン」だ。今回、メーカーからサンプル品を提供していただいたので、同製品の使用感について詳しく紹介しようと思う。

装着感はかなり良く、重量も重すぎず使いやすい

今回、提供していただいた「iDeaUSA Bluetoothヘッドホン」は、いわゆるオーバーイヤー型と呼ばれるワイヤレスヘッドホン。

ユーザーの耳をすっぽりと覆う形状のヘッドホンになるため、耳への負担は少なく、長時間装着していても耳が痛くならない。また、ヘッドホン構造は密閉型で完全に耳を覆うことで外からの音を遮断することができるので、ヘッドホンから出る音だけを純粋に楽しむことができる。

イヤーパッドはフェイクレザーが使用されており、触るとフワフワ。これも耳への負担を軽減するのに一役買っており、耳に装着しても蒸れたり、痒くなったりしないのは嬉しいところ。

さらに、ヘッドバンドのクッションもフェイクレザーが使用されていて、何時間でも使い続けていられる安心感がある。装着感に関してはかなりいい感じ

イヤーカップ内部には「L」「R」の表記があり、一目でどちらの耳に装着するのかを把握できるようになっている。ヘッドホンの締め付けもちょうどいい具合で、きつすぎず緩すぎず。

イヤーカップの底には電源ボタンの他に、ボリューム上下ボタンが用意されているので、ヘッドホン側から音量の調節が可能だ。

スマホなどのデバイスとの接続はBluetooth接続で。ただし、Bluetoothに非対応のデバイスに対しては、3.5mmオーディオケーブルで接続して使うことができる。

同ヘッドホンの連続駆動時間は最大25時間。充電は付属のmicroUSBケーブルを使って行い、フル充電までは約3時間程度かかる。

製品の重量は215gと軽く、そこそこコンパクトなので、持ち運びにも苦労はしないはず。本体の一部がプラスチックで作られていることもあり安っぽさを感じたからか、製品デザインはお世辞にもカッコいいとは思えなかったが、無難なシックなデザインを採用しており、街中で使っても恥ずかしくなることはなさそうだ。

音質は値段相応、遮音性はそれなり

さて、これまでは外観や装着感についてお伝えしてきたが、ここからは肝心の音質やノイズキャンセリング機能についてお伝えしていこうと思う。

まずは、最も重要な「音質」について。結論から言ってしまうと、「iDeaUSA Bluetoothヘッドホン」の音質はそこまで高音質というわけではない

もっと言うと、音域がそこまで広くない。どちらかと言うと中・高音域を得意なのか、この音域の音はしっかりと出ている印象。しかし、もっと低い音域にある音を鳴らした時に、音が割れたり潰れてしまうことがある。

どの楽曲もそうなると言うわけではないものの(そもそも筆者の聴く音楽がそう言う曲が多いのか)、純粋に音楽を楽しむには少々力不足であることは否めず、個人的には音楽を聴くためのものとしてではなく、ゲームやラジオの音を聞く時に使うのが最適なのではないかと感じた。

ただ、「iDeaUSA Bluetoothヘッドホン」を十分に活用できる機会がある。それは飛行機内など周囲の音が大きい時にノイズキャンセリングが使えるということ。左側のイヤーカップの底に、ノイズキャンセル機能の切り替えスイッチがあるので、これをONにすることで、周囲のノイズをある程度消し去ることができる。

Bose QuietComfort 35」並みの静寂を得ることはできないものの、周囲の雑踏やノイズ、室内で言えばエアコンや扇風機、加湿器の音、水槽のポンプ音などをシャットアウトすることができるので、勉強や仕事に集中したい時にはピッタリなはず。

残念ながら「iDeaUSA Bluetoothヘッドホン」は、最高品質のワイヤレスヘッドホンとは言うことはできない。音質にこだわる場合はより高価な製品を購入すべきかもしれないが、そもそも手頃な値段でノイズキャンセル機能付きヘッドホンを手に入れられるという点においては良い製品とも言える。

「iDeaUSA Bluetoothヘッドホン」は、Amazonで7,299円で購入可能。気になる方は以下からどうぞ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。