Apple、W1チップ搭載ワイヤレスヘッドホン「Beats Studio3 Wireless」の予約受付を開始

昨年にAppleが発売した「AirPods」に搭載されている「W1チップ」を採用した新製品が登場だ。

本日、Apple傘下のBeatsは新製品として「Beats Studio3 Wirelessオーバーイヤーヘッドフォン」を発表。すでにApple公式サイトで予約受付が開始されている。

今回発表された「Beats Studio3 Wirelessオーバーイヤーヘッドフォン」は、Beatsが販売しているワイヤレスヘッドホン「Studio Wireless」シリーズの新モデル。

新たな機能として「ピュアアダプティブノイズキャンセリング(Pure ANC)機能」が搭載されたことで周囲の音を効果的に遮断、音楽をより最適な状態で聴くことが可能になった。

また、冒頭でもお伝えした通り、昨年発売された「AirPods」にも搭載されている「W1チップ」が搭載。iPhoneなどの端末をヘッドホンに近づけるだけでペアリングができるほか、同じiCloudアカウントでログインした端末間で簡単に接続先を切り替えることができるなど、とても便利になった。

連続再生時間はPure ANC機能をオンにした状態では最大22時間、オフにした状態だと最大40時間で、10分の充電で3時間の再生が可能になるFast Fuelテクノロジーも搭載されている。

カラーはレッド / マッドブラック / ホワイト / ポーセリンローズ / ブルー / シャドーグレーの6種類で、価格は34,800円(税込)。すでにApple公式サイトでは予約受付が開始されており、出荷日は10月中旬頃になるようだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。