「iPhone 8」発表イベントを開催予定の「スティーブ・ジョブズ・シアター」の空撮映像が公開

Appleは今月12日(日本時間13日午前2時)に、新型iPhoneを含む多数の新製品を発表する予定。

発表イベントは、Appleの新本社「Apple Park」に併設される形で建設された「Steve Jobs Theater(スティーブ・ジョブズ・シアター)」で開催されることがアナウンスされているが、同施設を空撮した映像が公開されているので、読者の方に動画を詳しく紹介しようと思う。

今回公開された動画は、最新の「Apple Park」をドローンで空中から撮影したもの。新社屋ビルの他に、「スティーブ・ジョブズ・シアター」を近くから撮影することに成功しており、1階のエントランス部分の詳細を確認することが可能だ。

映像を見ていただければお分かりいただけると思うのだが、「スティーブ・ジョブズ・シアター」のエントランス自体はガランとしており、エントランス脇に地下へ続く階段やエスカレーターが用意されていることが分かる。

地下には1,000人を収容できるシアターが用意されており、発表イベントはこの大型シアターで開催される予定。

同映像からはシアター内部の様子を確認することはできないが、従業員が複数人いることから、着々と発表イベントへの準備が進められているようだ。

公開された動画では、他にもドーナツ状の本社ビルを上空から確認することができる。ドーナツの内側の庭には多数の樹木が植えられており、まだ完成してはいないものの、少しずつ完成に近づいている様子だ。

以下、公開された空撮映像。「Apple Park」の詳細が気になる方は是非一度、視聴してみてほしい。

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。